副業

Amazon輸出で有頂天そして転落

最近複数の人に
「痩せました?」と言われ少し浮かれている松尾です。

痩せてはいない。たぶん。

でも会社勤めしていた頃は
「眠気覚まし」やら「ストレス解消」でちょいちょい
お菓子食べてたから。それがなくなったからですかね。

私が痩せたことはさておき、
私がまず副業でちゃんと成果がでたのが
「Amazon輸出」でした。

Amazon輸出って何?食べられるの?

食べられません。

じゃあなんで?

なんで輸出なの?

って思いますよね。


ここにも書きましたけど、英語は一般的な日本人レベルだし、

パソコンのスキルもごくごく普通。

会社でエクセルは使ってたけどマクロはよくわかんないし。
知っている関数もごくごく一般的レベル。

どこにでもいるごくごくごくごく普通の、
名古屋駅で網投げたらパンパンに捕れるぐらい(やっちゃダメですよ)、
どこにでもいる四十代の主婦が。

なぜ「輸出」なんてものを選んだのか。
それはお金がなかったから。
転売をするにも、もとになる資金がなかったから。

だから「無在庫」にこだわったわけです。

無在庫って何?食べられるの?

食べられません。

それじゃ何?在庫が無いって何よ!
もったいつけずに教えなさいよキー!

ってされるのも怖いのでもったいつけずに書きますが、要するに。

「注文が入ってから仕入れる」

もう一度言書きますね。

「注文が入ってから仕入れる」

そう「注文が入ってから焼くうな重」みたいなもんです。

ん?違うな。焼くのは注文が入ってからだけど、
うなぎは仕入れてるはずだし。

「注文が入ってから捕まえにいくうな重」みたいなもんです。

うわー。
口に入るまで、どのぐらいかかるんだろう。

ってうな重だと大変なことになるんですけど、
Amazon輸出だとそうでもなかったんです。

Amazon無在庫の仕組み

やってたことを説明するとですね。

1)Amazon.comに出品する。

2)注文が入るまでひたすら待つ。

3)注文が入ったら、その商品を日本国内で購入する。

4)購入した商品を梱包して、海外のお客さんに送る。

こうやって書くと簡単4ステップ。

Amazon.comに出品する商品っていうのは基本、日本国内で売っているもの
多くはAmazon.co.jpで販売されていたもので、comで売れたらco.jpで
買えばいいんです。

それを海外に送っても耐えられるような梱包をして、
お客さんに届けてあげればいい。

ね?

なんだか簡単そうでしょう?

しかもAmazonってご存知の通り、無茶苦茶配送早いじゃないですか。
primeだったら即日とかね。

Amazon以外でも日本のネット通販って超優秀で、
梱包丁寧で届くの早いんです。

これが海外になるとまず出荷するまでに数日かかる。
梱包は結構ラフ。

一度機会があったら、海外ネットショップで買ってみてください。
たまにすごいのくるから(笑)。
よくぞ海を越えてきたなっていう。

でアメリカのショップで買って、届けるのもアメリカ国内だとしても、
届くまでに2週間とかひと月とか、平気でかかる。

実際日本から送った商品の方が、早く届いたってケースも
結構あります。

だから「無在庫」で注文受けてから買って送っても、「遅い!」とか
全然文句言われないんですよね。

しかもお客さんが支払った代金は2週間に一度、Amazonからまとめて
支払われる。

クレジットカードで商品代金を支払っておけば、
入金が先で支払いが後、ってことができちゃうわけです。

これってすごくないですか?

資金いらないじゃないですか?

損しようがなくないですか?

もうこれだ!って思いましたよね。
これで稼ごうって思っちゃいました。

Amazon無在庫で稼いで会社作っちゃった

ダンナさんも巻き込んで、売りまくりました。

一日に20個30個と商品が売れるわけです。
でそれをAmazon.co.jpやら楽天やら他のネットショップやらで買って、
ひたすら梱包して出荷しました。

最初に売れたのはですね~忘れもしないです。

KOKUYOの10本セットのボールペン。
香港のお客さん。

わーい!って喜んだんだけど、それが日本にはない製品だったんですよね。
逆輸入みたいな。

もーどーしよーぎゃー!
って感じで近所の文房具屋走り回って、探したけどなくて。

泣く泣くお客さんに「この型番しかないんだけどダメ?」てメールして。

「ダメ。これじゃなきゃいらない」って返事きてあえなくキャンセル・・・。
あったわ。そんなこと。

でもそんなことを乗り越えて、ひたすら出品をつづけたら売れるようになってきて。

毎日出荷が追い付かなくて、夜中の3時に車で24時間対応の郵便局まで運んで。
寝る時間がなくて、毎日ふらふらで会社行ってましたね。

で、月の売り上げが1,000万円とか超えるようになってきて。

こりゃさすがに法人にしなきゃいかんよねってことで、それまで個人事業主として
やってたんですが、税理士さんに相談して法人作っちゃいました!

あっはっは!

思えばこれが最高にして最悪の日々の幕開けだったんですよね・・・。

誰にでもできる副業は、儲からない

そうなんですよ。Amazon無在庫輸出って簡単だったんですよね。
私がやり始めたのが2014年だったんですけど、
その頃はすでに便利なツールも出始めてて、誰でもちょっと頑張れば売れたんですよ。

誰でも儲かったんです。

AmazonにはASINコードっていうAmzon独自の商品コードがあって、
これが全世界共通なんです。

Amazonは.comやco.jpだけじゃなくてカナダとかイギリスとかフランスとか
いろいろな国にプラットフォームを持ってました。

プラットフォームっていうのは、要するに「場」です。

日本で言えば楽天とかメルカリとかヤフオクとか。
そういう「場」をプラットフォームというんですが、そこで販売するためには
もろもろの規定とか手数料とか。

そういうものを受け入れてまでも、販売したいのはプラットフォームが「集客」を
してくれるからなんですよね。

商売をするには「集客」というのが一番大切で大変で。

その「集客」をするために大企業や資本があるところは、大金をかけて
CMを作ったり広告を出したりするわけです。

その「集客」をAmazonがやってくれていて、その「場」に出せば全くの無名の売り手からでも
お客さんは買ってくれるんです。

Amazonというブランドがあるから。

そのAmazonという世界中にあるプラットフォームに、日本国内と価格差のある
商品を出品しておけば、売れちゃうんです。

しかも全世界共通のASINコードさえわかれば、どこにでも売れたし、
仕入れも簡単でした。

で、簡単っていうことは「誰でもできる」っていうことで。
瞬く間に飽和状態に(泣)

ど定番のガンダムのプラモデルなんて売り手が、ずらーっと200人とか並んでてね。

ひとつのプラモデルを売る人が10ページ分ぐらい、いたんです。

そうなるとどうなるか。

もうわかりますよね。

そう安値合戦です。

Amazonの商品ページって、購入したことがある人はわかると思うんですけど
安いものから上から順に並んでるんですよ。

で当然のようにお客さんは安い商品から、買っていきますよね?

ずらっと値段が違う商品は、同じ商品なんだから。

で、売り手が安値合戦をしあった結果どうなったかというと、
「赤字でもいいから売ろう」
「還付金目当てで販売しましょう」

って流れになっていったんです。

還付金って何?食べられるの?

食べられはしませんが、お金になります。

詳しい話はまた他でするとして、要するに
「国外に販売するものに関わるのは、消費税はかかりませーん」

国内でサービスや商品購入すると、もれなく消費税が取られますが、
それを国外に販売しましたとなったとき、その消費税分が還ってくるんです。

だから
「もしも赤字や利益ゼロで販売したとしても、消費税分が還ってくるんだからその差額分儲かるよね」

っていうもはや商売って言えるのか?的な転売方法になっていき、

「そんな安値で売られちゃ迷惑じゃ!」というメーカーからの規制も厳しくなり
(メーカーも海外で販売してたりするので、アホみたいな安値で売れれては困るんですよ。
ブランドイメージっていうのもあるだろうし)

どんどん稼げない副業になっていってしまいました・・・。

1,000万円売ったのに利益5万円って何?

で法人として初めて決算を迎えたとき。

驚愕の事実が発覚したんです。
「・・・50,000円?」

その月の売上額が1,000万円だったのに対して、純利益5万円。
利益率0.5%。

は?

どーゆーこと?意味わかんないんですけど?

うわーいまでも思い出すと泣けてくる・・・。

要するに計算していた利益より、費用がかかっちゃったんですよね。
送料とか段ボールとかその他もろもろ。

高額の返品もバンバンくらってたし。

あんなに寝ずに頑張って、時間つかって稼いだつもりで稼げてなくて、
で5万?

内職やってた方がよっぽど儲かったわ!

バンバン売ってはいたので、還付金は戻ってきましたが(数百万とりっぱくれた還付金もあり)
どんどん売上額が減っているのはわかっていたので、なんだかもうお先真っ暗。

な思い出いっぱいだった1期目の決算でした。

ピックアップ記事

  1. ebay輸出って初心者は売れないの?

関連記事

  1. 副業

    副業で稼いでみようと思った日

    初めてyoutubeで自己紹介ってものをしてみました。なるほど…

  2. 副業

    ダブルワークいろいろ

    お任せください!自分で言うのもなんですが、私ありとあらゆるダブルワ…

  3. 副業

    ダブルワークって?副業のこと?

    ダブルワーク/在宅ワーク専門家eBay輸出から始める物販ビジネ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

まつゆか@在宅物販/ebay輸出専門家

  1. ebay輸出

    ebay輸出の人気商品って何?知る方法は?
  2. マインド

    いいコンサルとよくないコンサルの見分け方。
  3. ebay輸出

    ebay新アカウントスタート
  4. ebay輸出

    ebay輸出は飽和して稼げない?の疑問にお答えします!
  5. 副業

    ダブルワークいろいろ
PAGE TOP